気になる腰の痛みについて知ろう

医師

われわれ人類のはるか遠い祖先は4つ足歩行でした。それが進化して2つ足歩行になり、現代に至るまで2本の脚で体重を支え、歩くことがどこかに負担をかけているのかもしれません。それが腰だとしたらどうでしょうか。腰の痛みがあると歩くのも、座るのさえも困難になってしまいますよね。

腰という漢字の中に要(かなめ)という字が有るように、腰椎は体躯の重要な部分です。慢性的な腰痛の症状でお困りの方も多いことでしょう。腰の痛みと言えば真っ先に思い浮かべるのはぎっくり腰、椎間板ヘルニアなどですが、体重や力が常に加わる部位だけに、なかなか痛みや腰の違和感が緩和されない、という声も多いものです。特に女性は、婦人科系の不調からくる腰の痛みも他人事ではありません。気になる腰の痛みについて、取り上げて行きたいと思います。

~注目コラム~ 腰痛でお悩みなら脊椎専門のクリニックへ

腰痛は、年齢的な筋力の低下や、長期間にわって不自然な姿勢を取り続けることで起こるというのが一般的な認識ですが、それ以外に、「実は椎間板ヘルニアを発症していた」または「脊柱管狭窄症だった」という事例も少なくないそうです。大丈夫だろう…と高を括って放っておくと、やがて痺れが増し、歩行が困難になってしまうこともあるというから恐ろしいです。また既につらい症状をお持ちの方は、つらい期間が長い程、神経のダメージが大きくなり、手術を受けた後でも、しばらくは痛みやしびれが続くことが多いので、なるべく早く治療することが大切となります。

というわけで、なかなか軽快しない痛みやしびれなどがある方に、ぜひおすすめしたい医療機関があります。それが脊椎専門のクリニック。痛みやしびれなどの原因を解明して適切な治療法を知るために、「脊椎ドック」が受診できます。脊椎ドックは、日本脊椎脊髄ドック協会が推奨する診断法で、脊椎疾患の予防や早期の原因解明を目的とした検査です。 脊椎ドックでは、より正確な診断を行うために、まずMRIとCTを撮影します。その後レントゲンの動態撮影を行います。その結果をもとに脊椎の専門医による説明を受けるという流れで検査は進んでいきます。専門医のもとで受診するということもあり、腰の痛み、手足のしびれ、坐骨神経痛、背中の張り、首や肩の痛み、重度の肩こり、歩くと足がだるくなる…といったさまざまな症状について、脊椎ドックならその原因を約9割程度まで特定することが可能だといいます。

症状の原因を特定し、必要なら治療へと進みます。腰の痛み、と大きく括ってしまうと多くの方が抱えている症状だとは思いますが、原因をしっかりと突き止められないと対処療法しかできません。原因を突き止めることができれば、それに対してしっかりとアプローチして治療を行うことができます。辛い腰痛をなんとかしたいとお考えの皆様。ぜひ脊椎専門のクリニックへ足を運んでみてください。きっと悩みを解決する糸口が見つかるはずです。

その他の記事

pagetop